■ 成年後見制度とは

認知症、知的障害、精神障害などの理由で判断能力の不十分な方々は、

  • 財産の管理
  • 介護サービスや施設への入所のための契約
  • 遺産分割の協議

などを自分ですることが難しい場合があります。

 

その他にも「悪徳商法」の被害にあうおそれもあります。

 (例:埼玉県富士見市に住む認知症の80歳と78歳の姉妹が、複数の業者から家屋のリフォーム工事を繰り返されて財産を失い、自宅を競売にかけられた)

 

このような判断能力の不十分な方々の「保護・支援を目的とするのが

年後見制度です。

 支援する内容は、法律が定めており、後見、保佐、補助の3つの類型があります。

 

 

 

■ 対象となる方(類型別)

後 見

 「判断能力が欠けているのが通常の状態の方」であり、

 本人の財産を管理したり、処分したりすることが全くできない方です。

 

 たとえば、

  • 通常は判断能力がないので、本人のみでは物事を決定することが難しく、日常の買い物も第三者に代わりにしてもらう必要がある方
  • 家族の名前、自分の居場所等のごく日常的な事柄が分からなくなっている方

 

保 佐

 「判断能力が著しく不十分な方」であり、

 日常の買い物は本人で判断してできますが

  • 不動産や車などを購入・売却する、
  • お金を借りる、
  • 保証人になる

 等の重要な財産行為は、自分では適切に判断することができないために、常に第三者の支援を受ける必要がある方

 

補 助

 「判断能力が不十分な方」であり、

 判断能力が不十分ながらも本人で契約等ができるかもしれないが、

  • 適切に判断できるかどうか心配があるため、第三者に手伝ってもらったり、代理してもらう方がよい方

 

 

 

■ 成年後見人等(支援する人)になる方

 成年後見人等は、本人に必要な「保護・支援」の事情に応じて、

家庭裁判所が選任することになります。

・本人の親族

・法律・福祉 の専門家などの第三者

 選ばれる場合があります。

 あらかじめ 後見人等の候補者として考えていた人が、

選任されるとは限りません。 


 選任された成年後見人等は、家庭裁判所に後見事務を報告するなど

して、家庭裁判所の監督を受けながら本人の保護・支援をすることに

なります。本人の保護・支援は、生活・医療・介護・福祉などにいた

りますが、成年後見人等の職務は財産管理や契約などの法律行為に関

するものに限られています。

 

 

 

平田一希         司法書士事務所

相続に関するご相談(無料)はこちら・・・

(086)               423-0396 まで

岡山県司法書士会所属

登録番号 658

【所在地】

岡山県倉敷市美和二丁目4番15号

 

【TEL】 

086-423-0396

 

【email】

info@hirata-sihousyosi.com

 

【営業時間】 

8時30分~18時

 

【休業日】  

土曜、日曜日、祝日

(事前連絡頂ければ休業日対応可) 

 

【対象地域】

倉敷市

(その他地域の方はご相談ください。)

 

お気軽にご相談ください