●相続放棄とは

 相続放棄とは、相続人として、被相続人(亡くなった方)の残した財産のうち、プラスの財産が多くても引き継がず、マイナスの財産が多くても債務を引き継がないとすることで、相続放棄をするとその法定相続人は初めから相続人でなかったことになります。

 被相続人(親)が借金を残して亡くなった場合に、その法定相続人(配偶者や子供など)がその借金を負担することになると、残された家族の生活が成り立たなくなることもありますので、この相続放棄という手続き方法があります。

●相続放棄を検討する場合

 ◎マイナスの財産が明らかに多く、引き継ぎたい財産がない場合
 ◎相続争いなどに巻き込まれたくない場合
 が挙げられます。


●相続放棄の手続

 相続放棄は各相続人が、「自分が相続人になったことを知った時から原則3ヶ月以内」に、家庭裁判所に対して「相続放棄申述書」を提出しなければならず、家庭裁判所に認められれば、「相続放棄申述受理通知書」が交付(送付)されます。相続放棄申述受理通知書を提示することにより、他の相続人や債権者などに対して相続を放棄した旨を証明することが出来ます。なお、相続開始前の相続放棄は認められていません
 また相続放棄は各相続人が「単独」で行うこととなり、相続放棄した者は最初から相続人ではなかったということになります

●どこの家庭裁判所で手続するのか?
 ◎被相続人の住所地の家庭裁判所
 ◎相続開始地の家庭裁判所

●相続放棄と遺産分割協議
 相続人のひとりが、他の相続人に「私は相続を放棄する」と口頭や書面で言っていても、法的な効力はなく、相続放棄のできる期間が経過すると、その相続人は相続することを承認したと見なされますので、もしもマイナスの財産が多かった場合は、法定相続分については債務の負担義務が生じます。したがって財産を一切相続する意思がない場合は、家庭裁判所に相続放棄申述書を提出しましょう!

平田一希         司法書士事務所

相続に関するご相談(無料)はこちら・・・

(086)               423-0396 まで

岡山県司法書士会所属

登録番号 658

 

 

【所在地】

岡山県倉敷市美和二丁目4番15号

 

【TEL】 

086-423-0396

 

【email】

hirata-office

@amber.plala.or.jp

 

【営業時間】 

8時30分~18時

 

【休業日】  

土曜、日曜日、祝日

(事前連絡頂ければ休業日対応可) 

 

【対象地域】

倉敷市

(その他地域の方はご相談ください。)

 

お気軽にご相談ください