■ 成年後見制度とは

認知症、知的障害、精神障害などの理由で判断能力の不十分な方々は、

  • 財産の管理
  • 介護サービスや施設への入所のための契約
  • 遺産分割の協議

などを自分ですることが難しい場合があります。

 

その他にも「悪徳商法」の被害にあうおそれもあります。

 (例:埼玉県富士見市に住む認知症の80歳と78歳の姉妹が、複数の業者から家屋のリフォーム工事を繰り返されて財産を失い、自宅を競売にかけられた)

 

このような判断能力の不十分な方々の「保護・支援を目的とするのが

年後見制度です。

 支援する内容は、法律が定めており、後見、保佐、補助の3つの類型があります。

 

 

戻る>>