成年被後見人に選挙権

成年後見制度、ご存知でしょうか。成年後見制度とは、知的障害や認知症などにより、自身で物事を適切に判断できないような方(成年被後見人)の生活を、家庭裁判所から選任された成年後見人がサポートする制度です。

成年後見人が選任され、本人が成年被後見人になると、その被後見人は選挙権を失います。

この度、被後見人になると選挙権を失う規定は憲法違反だとして、知的障害のある女性が国を相手に選挙権があることの確認を求めた訴訟の判決

がでました。東京地裁は「規定は違憲で無効」との判断。

私は現在5名の被後見人の方の後見人をしています。被後見人といえども

障害や判断能力には差がありますので、なかには「私にはなぜ選挙の投票用紙がこないの」とさびしそうにおっしゃる方もいます。まだ確定したわけではありませんが、今度の判決はそういった方の希望になることは間違いありません。

 

                                            (平田)