成年被後見人に選挙権を与える法改正

先日の「成年被後見人から選挙権を奪うことは違憲」とする東京地裁の判決をうけて、国が被後見人にも選挙権を与える(与えると言う表現が適切かどうか疑問ですが・・・。)よう法改正を行う姿勢をみせているようです。国が判決に控訴するかどうかは未定。地裁判決の段階で法改正の動きがあるというのは、国側もこの問題を重要視しているということでしょうか。

                                            (平田)