贈与税の配偶者控除

昨日のお話の関連です。

「贈与税の配偶者控除」。この制度を調べてみて、その優れている点がわかりました。

相続税法では・・・

「相続または遺贈(遺言で贈与)により財産を取得した者が、相続開始前3年以内に贈与を受けている財産については、その者の相続税の課税価格に加算する。」

とされています。つまり生前に贈与を受けていても、それが被相続人に死亡日の3年以内であれば、贈与をうけた財産は、相続財産に戻される(加算される)ということなんですね。相続税の対策のため生前に贈与したのに・・・ということです。

ところが、「贈与税の配偶者控除」を適用し贈与された財産については加算の対象外になるそうです。これはきわめて有効な相続税対策になりますね。なるほど・・・。

(平田)