不動産を兄弟姉妹で共有名義にすると・・・

 相続登記をご依頼頂く際、ご依頼者様から「うちは仲良く兄弟等分で共有名義にしておき、将来売るときには代金をみんなで平等に分けたい」といったお話を伺うことがあります。

 こういった場合、ほとんどのケースで私は次の理由から共有をお勧めしません。

①売却の際、兄弟全員が契約書にサインする等手続が煩雑になる。

②共有者のひとりが亡くなった場合、そこで相続が生じ、共有者が増え、さらに手続が煩雑になる。

 不動産はなるべく単独所有とすべきです。住宅ローンの関係で夫婦共有になる場合は相続人(子)が共通することが多いので問題になりませんが、兄弟の共有はトラブルの元になる場合があり注意が必要です。

平田一希         司法書士事務所

相続に関するご相談(無料)はこちら・・・

(086)               423-0396 まで

岡山県司法書士会所属

登録番号 658

 

 

【所在地】

岡山県倉敷市美和二丁目4番15号

 

【TEL】 

086-423-0396

 

【email】

hirata-office

@amber.plala.or.jp

 

【営業時間】 

8時30分~18時

 

【休業日】  

土曜、日曜日、祝日

(事前連絡頂ければ休業日対応可) 

 

【対象地域】

倉敷市

(その他地域の方はご相談ください。)

 

お気軽にご相談ください